表札の照明演出

表札の照明

最近の表札はデザインに富んだものがとても多く、素材や種類のバリエーションが豊富ですね。
そんな表札も陽の明るい時間と夜とでは、まったく違った表情をしています。 それは表札につけられた照明による効果で、照らし方によって様々な演出をしてくれます。
最近ではLEDの普及により、消費電力も少なくリーズナブルに提供されているようです。
外壁や植え込みなどと合わせて、照明の演出をされている住居も珍しくなくなってきましたね。

照明の取り付け方法にもいろいろあります。
街灯のようにまわりを照らすものや、スポットライトのように直接対象物を照らすものなどが一般的です。
LEDを使用することでより鮮明な光で照らすことが出来るようになりました。また、照明器具や発光源を隠す間接照明のように使われているケースもよく見かけます。
外壁まわりを飾るとともに、表札周りもうまく演出が考えられているなとおもいます。

表札の素材と照明をうまく合わせていろんなテイストの演出がされているものも増えてきました。ガラスを使った表札には素材の特性を活かし、淵や文字部分だけが浮かぶような照明方法が使われていたりします。ガラスに色を使っているものもあり、まるでステンドグラスのように見えてとてもおしゃれに感じます。
ステンレス素材をつかった表札では、間接照明と組み合わせるケースが多いですね。
シックな感じが好きな方にはお勧めです。
和柄のテイストも照明との相性がよく、暖かみのある色を使うことでより雰囲気を味わうことができます。

照明の色はLEDを取り入れることで自由度は増えました。
かといってあまり奇抜な色を使うことは少ないです。
一般的には白、黄味がかった暖かみのある色、淡いブルーなどでしょうか。
雰囲気や表札の素材との相性で使う照明の色も変わってきますが、お好みで選んでみるのがいいですね。