木製の表札と風水

表札と風水

木製の表札といえば、温かみがあり家庭的な印象を与えます。
それだけでなく、風水の観点でも木製の表札は良いと言われています。
今回は風水的に良い表札、悪い表札を紹介します。

風水と表札

風水は元々、土地の研究が起源で、風水の専門家が国に相応しい土地かどうかを調査するための考え方であると言われています。
つまり、人間が安全に暮らせるためのメソッドが風水であると言えます。
また、人が出入りする玄関の表札に気を遣うことは、運気の流れにも影響が出ます。

表札に気をつけましょう。

たまに一人暮らしのアパートにお住まいの方で、表札をつけていない部屋があります。
ですが、表札がないということは「住人の不在」「空家である」という印象を与え、空き巣に入られやすくなり、人も寄り付きません。いくら室内の風水に気を使っていても、これでは運気は上昇しません。

木製の表札で運気アップ。

最近はガラス製やプラスチック製、大理石などおしゃれな表札が色々ありますが、昔から風水的に一番良いとされているのは、木製の表札です。
さらに運気が上がる表札の条件として、「縦に長い長方形」「墨字」「縦書き」であると言われています。

注意!木彫りの表札は運気がさがります。

木製で縦長で墨字の表札といえば木彫りの表札を連想しがちです。
ですが、木彫りの表札というのは墓石を彷彿させるため縁起が悪く、運気を下げてしまいます。木を彫るというのも、運気を下げるという意味になってしまいます。
逆に盛り上がった文字の表札は、木製の表札の中でも運気が盛り上がると言われ、縁起が良いと言われます。

木製の表札以外は、風水的に良くないが、例外もあります。

上記の通りやはり木製の表札が風水的に一番良いと言われます。そして、それ以外のもので出来た表札は風水的に良くないと言われます。
風水を気にするのであれば、石やガラスやプラスチックでできた表札は避けましょう。
ただし、石製の表札は白であれば運気が上がります。
また、あまり家の雰囲気に合わない表札を選んでも風水的によくありません。木製の表札といっても、なるべく玄関の雰囲気に合ったものを選びましょう。